事実に目を背けないで挑戦していく

大事なことは目先のことではないとわかっているのですが、そう簡単に心が決まるものではありません。

とくに女性という生き物は悩みの種が尽きることはなく、それは加齢するにしたがって増えていきます。

49歳になって真っ先に心配なことというのは、やっぱし弱っていく肌の老化じゃないでしょうか。

よわいを取るたびに地肌の再生システムであるターンオーバー力が低下してしまいます。

ターンオーバー能力は真夜中うしみつどきに作用するのですが、昼間のUV光の損傷を受けた細胞のしみの根源となっているメラニンを除去してきれいな細胞と差し替えてくれます。

こうした老いの事象はどうしようもないと思いますが、そこで私が最近目をつけているのが酵素ってやつです。

酵素は動植物が生命の灯火を燃やし続けていくのに役立つもので、水やエネルギーのようにかけがえのないものです。

人体の体内に生まれてからあって、消化や代謝などのサポートをしてるんです。

そこへ持ってきて基礎代謝をあげる働きもしてくれるから、ターンオーバーの能力も支えてくれるという段取りです。

しかしながら、酵素自身も憎たらしい老化で45歳を過ぎちゃうと徐々になくなっていくと言われています。

だから酵素ドリンクや酵素サプリメントとかで、意図的に摂取していく必要があるんですよね。

日々のスキンケアでは皮膚の表面へのセラミドの注入や保湿は可能ですが、内蔵などの細胞の老化を遅くするには野菜由来の酵素などの取り込みが課題になるみたいです。

私もそれにいち早く気づいたので、以降はずんずん年齢より若く見えるスキンを目指しまくっていくんだからね。

http://hrs-coswt.work/