そもそも酵素って何?

そもそも酵素って何なのでしょう。簡単に言えば、酵素は、人が生きていく上で欠かすことのできない栄養素です。酵素は、呼吸している時にも使われていて、腕を動かす時や、しゃべっている時など、あらゆる行動にも使われています。じっとしていても生命活動を維持するために、生体では自動的に活動が行われています。酵素は生きていく上で必須な栄養素であり、酵素が尽きた時には命も尽きてしまいます。酵素は、全ての生命活動に関わっている、なくてはならない存在で、単に消化吸収やデトックス効果があるだけではありません。生命を維持するためにかかわっている六大栄養素よりも大切な存在が酵素なのです。体内で起こるあらゆる生体反応の全てに関与していて、炭水化物や脂肪やビタミンなど、体に必要な栄養素は、酵素が働くことで効果を発揮します。酵素があるから、栄養素がエネルギーに変化するのです。必要な栄養素をいくら摂取しても、酵素がないとエネルギーに変わることはできません。酵素は重要な働きを担っているので、不足すると、消化不良や肌の不調など、様々体調の変化をきたすことになります。