ファスティングの効果

週末ファスティングとかプチ断食というようなやり方でファスティングを実践する女性が増えています。実際のファスティングの効果ってどんなことがあるのでしょうか。普段、消化を行っている胃腸は24時間動き続けてとても疲れているのです。特に脂っこいもの、甘いもの、刺激物を食べたり、夜遅い時間に食事をしたりする現代人が増えています。胃腸が疲れてくると、なんだかだるいというような倦怠感が続いたり、病気じゃないのに体調が優れないという状態になってしまうこともあります。ファスティングをすることで、一度、胃腸の活動をリセットすることができます。ファスティングすると、固形物が入ってこないので、胃腸がお休みをしてとても元気になるのです。ファスティングをすると、真っ黒な宿便がたくさん排出されることがあるのです。宿便が排出されて、胃腸がリセットされて体が軽くなって調子が良くなるという方が多いです。ファスティングは、もちろんダイエットにも有効です。本来なら、急に食べなくなることは危険と言われていますが、酵素ドリンクを使うことで栄養を損なうことなくカロリーカットすることができます。

痩せる食品とは

食品を用いて痩せることができれば、多くの人がほしがるのではないでしょうか。

実際の所特定の食品を食べるだけで、どんどん痩せるといった食品はあるのでしょうか。

ドラッグストアや通販ショップなどで売り出されているダイエット食品の種類は幅広く、購入者も多いといいます。 Continue reading…

ファスティングのやり方

本格的にファスティングをやろうと思ったら、専門家の指導を仰ぐ必要があります。例えば、ファスティング道場に入門して2~3週間をかけてつらい断食(ファスティング)を行います。しかし、本格的なファスティングは、多くの女性には現実的ではありません。最近は、週末に手軽にできるプチ断食や週末ファスティングと呼ばれるような方法が主流です。簡単なファスティングのやり方ですが、最長で金曜日の夜から月曜日の朝まで休日を使ってファスティングをします。1日を酵素ドリンクと水だけでほぼ、過ごしますが1日になんどか味噌汁程度を飲むという方法もあります。起きている時間に7回程度に分けて酵素ドリンクを飲みます。水分だけでつらいのではと思うかも知れませんが、お腹が空いてくるとすぐに飲む時間になるので思ったよりつらくありません。水は常温や温かいものを1日2リットル以上飲むようにしますが、一度に飲むのではなくコンスタントに水分摂取をします。人間は塩分が必要ですから、お昼に具が無い味噌汁を飲むというのは理にかなった方法です。ファスティングの後に必ず復食期を設けて、ファスティングをしていた日数と同じだけの期間をかけて普通食に戻して行きます。2日半の週末ファスティングをしていたら、同じ時間をかけて水曜日の夜までに少しずつ固形物を食べるようにしていきます。ファスティングが終わったら重湯とか葛湯から始めておかゆに移行してうどんなどの消化の良い固形物を食べるようにします。復食期を設けることを知らないと、「せっかく体重が減ってもすぐに元に戻った」という方が多いようです。復食期だけでは無く、ファスティングを開始する前から徐々に食事を消化の良いものに変えていって準備することも大切です。